• ホーム
  • 男性型脱毛症(AGA)に効く育毛剤はどんなもの?

男性型脱毛症(AGA)に効く育毛剤はどんなもの?

AGAと呼ばれる男性型脱毛症には、普通の薬ではなく専門的な薬が必要になります。
しかも、AGAによく効くと考えられている育毛剤は医学的な観点からも少数であるということがわかっていますので、まずはその見極めがとても重要になります。

男性型脱毛症のポイントは、まず脱毛症の原因となっている男性ホルモンをどのようにして抑えるかにあります。この点に関しては、プロペシアという薬を使う必要があります。
プロペシアは、病院から処方してもらえるれっきとした医薬品であるため、用法と用量を間違わないように注意をしなくてはいけません。

病院からプロペシアを貰った患者は、継続的にその薬を処方していくことが条件として挙げられます。
これは、短期的に服用すると初期脱毛という症状によって脱毛症が逆に酷くなってしまうケースがあるからです。
ですから、プロペシアを処方された人は短くても半年間から1年間は使い続けることが求められます。

こうした病院から処方される医薬品以外で、AGAに良く効く成分を探すときには頭皮に負担を与えずに効果を発揮する成分を探すことが求められます。
例えば、病院によってはプロペシアを使えない人に対してタンパク質が含まれた成分を直接的に頭皮に注入することによって、新しい発毛や育毛を目指そうとする試みも導入されています。
この方法は、薬を錠剤として服用するわけではないので育毛剤として使いやすい側面があります。

一般的な製品で見ても、タンパク質が含まれている育毛剤は非常に多いです。
育毛剤の中にタンパク質が含まれているものは、その成分はタンパク質と表記されるのではなくアミノ酸として表記されます。
アミノ酸は、タンパク質をすごく小さくしたものであるためこれを頭皮に塗布すれば髪の毛の成長に活かすことが可能です。

病院でも、こうしたアミノ酸やタンパク質を活かした育毛剤が導入され始めています。
そのため、プロペシアに抵抗がある人はこうした方法を利用すると効果を期待できます。

男性型脱毛症(AGA)かどうか見極める方法はあるか

男性型脱毛症を見極めることは、実は素人であっても比較的簡単です。これは、AGAを見極めるための医学的な法則が存在するからです。
AGAは、基本的にそれぞれの症状に対してI型からVII型に分類されており、その分類表に自身の頭皮の状況が当てはまっているかどうかで確認することで見極めが可能です。

もっと簡単な見極め方で述べれば、頭皮の進行状況を確認するだけで見極めることができます。
AGAになっている人は、全体的に髪の毛が抜けていくのではなく一部分の髪の毛だけに特化した脱毛する特徴があります。これは、特に頭頂部や前頭部に現れます。

統計的に見ても、頭頂部を中心に髪の毛が抜けている人は、AGAである可能性が高いです。
さらに、これに加えて前頭部の髪の毛の抜け方がM字状になっている場合もAGAの可能性は極めて高くなります。
これは、脱毛作用が頭皮のこれらの部分に集中しやすい特徴があるからです。

AGAの脱毛物質は、男性ホルモン受容体という部分に反応して脱毛を促す性質があります。
実は、人間の髪の毛にはこの男性ホルモン受容体を有している部分とそうではない部分が存在します。
そのため、男性ホルモン受容体が存在する前頭部や頭頂部の部分では脱毛症が進行しやすい傾向があります。

一方で、男性ホルモン受容体は側頭部や後頭部には少ない傾向があるため、AGA患者の進行過程においては必ずと言って良いほどこの部分だけ髪の毛が残ります。
髪の毛が薄くなっている人の全体像を見て、髪の毛の状態がバーコード上になっている人は高い確率でAGAを発症しています。
ですから、この点を見極めることが出来れば病院や育毛剤で正しい対策ができるようになります。