• ホーム
  • プロペシアで髪を増やそう!

プロペシアで髪を増やそう!

プロペシアは男性が利用出来る薄毛治療における発毛剤です。髪の毛が薄くなった時には、発毛と育毛の2つを考えて治療を進める必要があります。
プロペシアはフィナステリドを主成分とする発毛剤で、男性型脱毛症の特効薬として有効と言われています。
さらに、フィナステリドは日本皮膚学会が定めている男性型脱毛症の治療薬として強く勧めるなどのレベルに位置づけされている医薬品です。

但し、髪の毛が薄くなったからと言って、安易にプロペシアを使用しても効果はありません。その理由は、プロペシアは男性型脱毛症の薄毛のみに効果を持つからです。
男性型脱毛症の薄毛に悩む人は、遺伝子の影響を受けて脱毛を促進するDHTが多く存在しており、このDHTを生成している体内酵素を阻害するのがフィナステリドになるからです。
尚、プロペシアは薄毛治療を専門に行う病院で処方を受ける方法とジェネリック品でもあるフィンペシアなどを利用する2つの方法があります。

ちなみに、ジェネリック品は後発医薬品とも呼ぶもので、先に発売が行われた医薬品と違い、開発コストなどが少ないなどの理由から、安い値段で買う事が出来ます。
最近はジェネリック品と先発医薬品の何れかを利用する側が選ぶ事が出来るようになっているので、毎月の治療費を節約したい人などからの注目を集めていますし、ジェネリック品には先発医薬品にはない利用のしやすさなどのメリットもあります。
尚、プロペシアの主成分はフィナステリドであり、プロペシアのジェネリック品のフィンペシアについても主成分はフィナステリドになるので、どちらの医薬品を使っても、発毛の期待を持つ事が出来るわけです。
但し、医薬品を服用する事で発毛の期待へと繋がりますが、髪の毛が薄くなる原因は男性型脱毛症などのように遺伝子による影響だけではなく、日常の生活習慣や食生活の見直しなどの大切で、専門の病院ではカウンセリングの中で生活習慣などの改善のためのアドバイスをして貰えます。

フィナステリドが含まれた他の薬の効果は

プロペシアは5α-還元酵素阻害薬とも言われている男性型脱毛症と呼ぶ薄毛治療の特効薬です。
プロペシアを服用すると、体内酵素が阻害されるので、脱毛を促進させてしまうDHTが生成されなくなり、薄毛の症状を止める作用、発毛の効果も期待出来るため、増毛効果も期待が出来るようになります。

増毛とは、現在の髪の毛の量を増やすなどの意味を持つもので、プロペシアが脱毛症を抑えてくれる、髪の毛の毛周期を正しいものに変える事が出来るため、薄くなった部分の毛が生えて来るようになります。
さらに、プロペシアを服用し続ける事で発毛が活性化されるので、薄くなった部分が以前のようにふさふさの状態になるなどの増毛効果を期待出来るようになるわけです。
最近は先発医薬品の特許が切れた事で、先発医薬品を開発した医薬品メーカー以外の会社がジェネリック品の販売を行っております。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ主成分になっている、開発コストを抑える事が出来るため、先発医薬品と比べた場合、効果そのものは同じでも値段が安いなどの利点を持っています。

ちなみに、プロペシアは毎日1錠の錠剤を服用し続ける事になるので経済的な負担を抑える目的で、ジェネリック品を買い求めたいと考える人も多くなっています。
フィナステリドが主成分になっているジェネリック品はフィンペシアなどが有名ではありますが、フィンペシアは国内での承認薬になっていない関係から、個人輸入代行を行っている業者を探し出して、費用が安くて済むジェネリック品を利用する人が増えています。
尚、フィナステリドが主成分になっているので、医薬品の効果はプロペシアと同等のもの、改良が行われているので皿なる効果を期待出来るなどのメリットを持っています。